平成30年5月配信分「水分補給について」(0~1歳)

だんだん暑くなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか。

今月は、水分補給についてです。

<生後5~6ヶ月まで>
離乳食が始まるまでのこの時期の赤ちゃんは、基本的に水分補給は必要ありません。
母乳やミルクが必要なだけ飲めていれば、必要な水分は足りるからです。

数年前までは離乳食準備として果汁を与えたりしていましたが、今は、果汁を早期に与えるメリットがないことがわかっています。

逆に、果汁量が多くなると乳汁の摂取量が少なくなってしまい、たんぱく質、脂質、ビタミン類や鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル類の摂取量が危惧されるので、5~6ヶ月までは与えない方が好ましいとされています。

例えば、すごく汗をかいたときやお風呂上りなどに白湯や薄めた麦茶などを与えてみてもよいですが、母乳の方は母乳で十分です。

甘味のあるイオン水や果汁などは、一旦味を覚えてしまうと、離乳食が始まったときに、甘味のあるものでないと食べなくなることもあるので、与え方には注意が必要です。

< 生後7ヶ月~8ヶ月>
この時期は、まだまだ栄養の中心は母乳かミルクなので、基本的には水分をごくごく飲むということはあまりありません。離乳食後は、欲しがるだけ授乳をします。

赤ちゃんによって哺乳量も食事量も違うので個人差はありますが、離乳食のときに、スープや味噌汁などを与えたり、あとは汗をかいていそうな時に、白湯や薄めた麦茶などを与えてあげれば必要量は足ります。

離乳食として果汁をあげる場合は、白湯で薄めたり、頻回にならないように注意するとよいですね(*^▽^*)。

この時期のミルクの目安量は大体1日800ml~900ml前後ですが、母乳の場合は量を把握することは難しいですね。

哺乳量が少なく、離乳食でとる水分も少ないと、便が硬くなったり、尿量が減ったりしますので、その場合は授乳回数を増やしたり、なるべく離乳食で水分をとるように出来るとよいですねo(^-^)o。

<9ヶ月~11ヶ月>
この時期は栄養の中心が離乳食からの時期です。食事後に欲しがるだけ授乳はしますが、
だんだんと量も減り、母乳やミルクを必要としなくなってくるお子さんもいます。

哺乳量が少なくなり、食事をしっかり食べるようになってきたら、食事の時や、お昼寝明け、おやつの時など、こまめに麦茶を用意してあげましょう。

この時期だと果物もそのまま食べられるようになるので、食事時に汁物をあげたり、デザートやおやつで果物を取ることでも水分補給が出きます。

麦茶を与える場合は、哺乳瓶やまぐまぐなどでもいいのですが、9ヶ月を過ぎたらコップの練習にも丁度良い時期です。

最初は大人が補助してあげながら、少量ずつコップに入れて、与えてあげるといいですね。
コップで飲めるようになると、自然とストローで飲めるようになります。

下痢や発熱で食欲が落ちている場合は、脱水にならないようにこまめに水分補給をします。母乳やベビー用のイオン飲料などを与え、食事は無理強いしません。
果汁は、発熱の時はよいですが、下痢のときは下痢を助長することもあるので控えます。

イオン飲料にしても、果汁にしても、体調がよくなったら、もう与える必要はないので、白湯か麦茶に切り替えましょう。


< 1歳以降>
大体離乳食が完了していく時期です。
食事が十分取れていれば、栄養的にはミルクもフォローアップミルクも必要ありません。
コップで、大人と同じように水か麦茶で水分補給をします。

1歳を過ぎたら牛乳も飲めるので、1日200~300ml程度をあげるのもよいですが、欲しがらない場合は無理強いしません。

こどもは大人と違い、喉が乾いても、遊びなどで夢中になると、喉が乾いていることも忘れてしまう場合もあります。
なので、本人が要求しなくても、こまめに「のどかわいた?」など、声かけをしてあげるとよいですね。

下痢や発熱の時の水分補給については、9ヶ月~11ヶ月の時期と変わりはありません。

いずれの時期にも共通して言えることは、イオン飲料やジュース類は、元気なときの水分補給としては適していません。

甘味が強く、一旦覚えてしまうと、食事量が減ったり、食べなくなったりします。
また、甘い飲み物以外嫌がるようになる、むし歯になりやすい、などのリスクもあります。

まだ今の時期は食事への興味を培う時期なので、甘味や塩分の強い食べ物は避けた方がよいですね。

もうジュースなどを飲む習慣が出来ている場合は、今の時期なら与えなければその内忘れてしまいます。

最初は欲しがって大変だと思いますが、もっと大きくなると、生活習慣を変えるのはますます困難になるため、今の内に改善出来るとよいですね。

☆食育ホームページ委員会からのお知らせ☆
学芸大学で行なわれるキッズカーニバルの中の食育イベントです。
日時 平成30年6月9日(土)
時間 午前11時~午後3時
場所 東京学芸大学芸術館2階
内容 「豆っこくん」(はしを大豆でつかむゲーム)野菜花あてクイズなど。
楽しい腹話術もありますよ。ご家族でお出かけください。

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
簡単野菜レシピや食事診断等、小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP