平成29年7月配信分「食中毒について」0~1歳

いよいよ暑さも厳しくなり、本格的に夏になりました。
今月は食中毒についてです。
東京都の報告によれば、食中毒は通年毎月発生しています。
その中でも件数が多いのは、カンピロバクター、ノロウィルスによるものですが、その他にも、黄色ブドウ球菌や腸管出血性大腸炎などの食中毒も発生しています。

特に最近多く発生しているのが、とりわさ、ユッケ、レバ刺しなどの、肉の生食によるカンピロバクターと腸管出血性大腸炎の食中毒です。
国内では、生食用の基準を満たして流通された牛肉、馬肉のみが、生食で食べられます。
ただ、これは消化器官の整った成人を対象としており、まだ消化器官の未熟な乳幼児は、必ず加熱して食べるようにしましょう。

レバーについては以前は生食が認められていましたが、生食用としての流通は禁止になりました。
豚レバーについても同様です。E型肝炎や様々な食中毒のリスクがあります。

とり肉については高い確率でカンピロバクター菌に感染しており、カンピロバクター食中毒は、手足のまひや呼吸障害を引き起こすギランバレー症候群との関連も指摘されています。

「新鮮だから大丈夫」は間違いです。鮮度は関係ありません。

表面だけ加熱しても、内部には付着しています。中の色が変わるまで、しっかり火を通しましょう。


乳幼児や高齢者は病原菌に対する抵抗力が弱いため、食中毒になると重症化しやすく命に関わる場合もあります。
予防がとても大切なので、以下の事に気をつけましょう。+

☆食中毒予防3原則☆
1.細菌をつけない
・食器や調理器具は洗剤でよく洗う。
・まな板は包丁でできた傷に菌がたまりやすいので、定期的に熱湯消毒や日光消毒を。
・タオルやふきんは漂白剤につけたり、日光に当てて殺菌を。
・生食用の食品と、加熱用の食品は、冷蔵庫で保存するときや調理のときに、触れないように注意しましょう。
・調理前、食事前には手をきれいに洗い、○○ちゃんの手はきれいに拭く。

2.細菌を増やさない
冷蔵庫に食べ物をつめこみすぎていませんか?
冷蔵庫の詰め込み過ぎは冷気の循環が悪くなり、庫内の温度が上がります。こまめに冷蔵庫の整理をしましょう。
冷蔵:10℃以下(要冷蔵食品、肉、魚など)
冷凍:マイナス15℃以下(冷凍食品など)
また、生で食べるものと加熱して食べるものは、触れないように注意しましょう。

3.細菌をやっつける
食品はムラなくしっかりと過熱しましょう。中心温度75℃以上で1分間以上加熱するとほとんどの細菌は死滅します。

ミルクや離乳食は栄養が豊富な上、水分もとても多いため細菌が繁殖しやすいものです。長時間、常温で放置しないようにしましょう。また、冷蔵庫、冷凍庫を過信しすぎないよう、10日間を目安に使いきって下さいね。


☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
簡単野菜レシピや食事診断等、小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP