平成30年6月配信分「お口の成長と虫歯予防」(2~3歳)

いよいよ梅雨入りですね。いかがお過ごしでしょうか。
お天気が悪いと外遊びができなくて辛いですね。
今月は歯科衛生士から、歯の衛生週間にちなんで、お子さんの口腔と歯のお手入れについてお届けします。

~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆

こんにちは。6月3日(日)に小金井市保健センターで開催された、「小金井市民の歯の健康展」にお越しいただいた方もいらっしゃるでしょうか?
フッ素塗布(小学生まで)や歯科健診、口腔がん検診等、無料で受診して頂ける催しなので、今年お越し頂けなかった方は、是非来年はご来場ください。

さて今回のテーマは「お口の成長と虫歯予防」についてです。

お子さんのお口の中は今何本の歯が生えていますか?
多分犬歯が生えて、上下合わせて16本以上の歯で食事をしていると思います。
犬歯があると、薄切り肉や鶏のささ身など少しかたいものでも噛み切って食べられるので、食事の幅が広がります。
2歳6か月頃には、一番奥の乳歯(第2乳臼歯)が生え、乳歯が20本全部生えそろいます。
大きくてしっかりした奥歯が生えるので、すりつぶす力がそなわり、食べられるものの範囲がグンと広がります。

食べて、寝て、遊ぶことが幼児の毎日。自立した歯みがき習慣のためには食生活に気をつけるのはもちろんですが、親の「待つ」姿勢も大切です。
この時期つい増えてしまうのが、「早く!」「さっさとしなさい!」という言葉です。
子どもには子どものペースがあるのですから、それを大事にしてあげて、ゆっくり楽しく食べさせましょう。

ポイントは、決まった時間に食事をすること。
食事時間が一定ならお腹もすくし、自然に偏食やムラ食いも減ってきます。
空腹感は、楽しく食べるための最良の調味料です。
おやつは1日2回、10時と3時が最適。
食事の一環と考え、甘いお菓子は避けましょう。ダラダラ食べは虫歯をつくる原因になります。

2~3歳児ともなると、おやつの誘惑に負けないようにするのが大変です。
ガムやキャラメル、チョコレートにジュース。さらに最近多いのは、袋ごとのスナックです。

店でおねだりされたり、親が好きですとか、お父さんがあげたがるの声も聞きますが、ここは忍耐です。家族・祖父母にも理解と協力をあおぎましょう。

子どもの虫歯は、歯の表面が薄く質が未熟である分、進み方も早いもの。
進行をストップさせるには早期発見がとても大切です。
仕上げ磨きのときは前歯と前歯の間、歯と歯ぐきの境、奥歯のかみあわせなどを重点的にチェックしましょう。
歯は表面のエナメル質が白く濁ってざらざらしてきたら要注意。わずかな変色から、やがて茶褐色になり、穴をつくっていきます。

お母さんの仕上げ磨きで予防をすると共に、3歳ころからは本人に歯ブラシを持たせ、自分で磨く練習をはじめてみます。
最初のうちはなかなか手がうまく動かなくてじれったいかもしれませんが、励ましながらじっくり待ってあげましょう。

~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆~。・☆

いかがでしたでしょうか。
6月は、食育月間でもあります。
食生活が乱れているなと感じたら、是非、これを機会に食生活を見直してみるとよいですね。

まだまだ2~3歳の時期は、甘みや塩分の強いものを習慣的にとるのは避けたいところです。舌が強い味に慣れてしまうと、偏食のリスクが上がってしまいます。

是非、今の時期に楽しく食べて、楽しく歯ブラシをする習慣を身につけたいですね(*^-^*)
★「こどもクッキング」
日時:平成30年7月24日(火)午前10時~12時
対象:3歳~5歳とその保護者(参加経験のある方はキャンセル待ちになります。
   また兄弟等年齢対象外のお子さんにつきましては原則参加できません。)
申し込みは、平成30年6月15日からお電話で受付いたします。
  健康課042-321-1240

☆。・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
簡単野菜レシピや食事診断等、小金井市の食育に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP