令和元年5月配信分 「イベントのお知らせと小金井の珍しい野菜」(2~3歳)

緑の美しい季節になり、お散歩もしやすくなりましたね。
いかがお過ごしですか。

令和元年6月2日(日)の10時~正午、午後1時半~3時に、
「小金井市民の歯と口の健康」が保健センターで開催されます。
歯科健診、事前予約不要の無料フッ素塗布(子どものみ:歯が1本でも生えている子~小学生まで)、食育クイズ等様々なコーナーをご用意しています。
来場者には歯ブラシ全員プレゼント、お子さん向けには、風船やガチャガチャもあります。もちろん食育コーナーもクイズの景品を用意してお待ちしております。
ご家族皆様でのご来場をお待ちしております。

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です。
「食育月間」は、国や地方公共団体、関係団体などが協力して、食育推進運動を重点的かつ効果的に実施し、食育の一層の浸透を図ることとしています。小金井市食育ホームページを運営している市民ボランティアのみなさんが下記のイベントに食育ブースを出すので紹介します。

宮地楽器ホールで行なわれるキッズカーニバルの中の食育イベントです。
日時 令和元年6月16日(日)
時間 午前10時~午後3時
場所 宮地楽器ホール(JR武蔵小金井駅南口すぐ)
内容 野菜花あてクイズなど。

ところで小金井の珍しい野菜「ルバーブ」ってご存知ですか。
原産はシベリア。ヨーロッパでは昔から栽培されています。
種をまいて2年ほどで1.2メートルくらいに育ちます。大きな葉っぱはたべられません。
茎の部分をたべます。(ふきのような見た目です。)味は酸っぱいのでジャムやお菓子にします。これから(6月前後~夏の間)小金井の農協で販売されます。

軽井沢や北海道で栽培されているルバーブは赤いものもありますが、小金井で生産されているものは緑色です。
小金井の市立小学校では、給食で使ったり、こどもたちが授業でジャムをつくることもあります。
簡単なジャムのつくり方を紹介します。

<材料>(ジャムのビン1つ分)
ルバーブ   200g
さとう     80g

<つくり方>
1 ルバーブを洗い、キズをとり、1cmくらいに刻む。(皮をむく必要はない)
2 1を鍋に入れ、砂糖をまぶして2~3時間おく。
3 2を弱火にかけ、かきまぜながら10分くらい煮込む。とろりとしてきたら
 できあがり。

パンにぬったり、ヨーグルトにいれて食べます。
マフィンや蒸しパンにいれてもおいしいです。
ジャムをつくるとき、少し形が残るくらいに煮えたら、少しコップにとって砂糖無しの炭酸水をそそぐとルバーブスカッシュができます。酸味があるので暑い夏にぴったりです。
ここで健康課やその他の事業についてのお知らせです。
★乳幼児健康相談(のびのび広場) 対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
 時 間:午後1:30~3:30(保健センターのみ午前9:30~11:00)
 貫井南分館6/5、前原暫定集会施設6/21、上水会館6/24、公民館東分館6/19
 保健センター6/13・6/27

★けやき保育園地域子育て支援事業「なのはなひろば」
 令和元年6月20日(木) 対象 1~2歳の赤ちゃんと保護者
 「晴れの日に屋上園庭で遊ぼう」、ふれあいあそびの紹介、子育てのちょっとした
 コツ、保護者交流
 場所はけやき保育園(小金井市梶野町1-2-3)、時間は午前10時から11時30分までで申し込みは不要です。
 10時までに直接園にお越しください。
 問い合わせはけやき保育園(0422-60-0770)にお願いします。

このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP