令和2年5月配信分「手打ちうどんをつくろう」(2~3歳)

さわやかな季節になりました。
お元気でお過ごしでしょうか。
たまには親子でお料理などいかかでしょうか。半日楽しくおいしく過ごしましょう。手打ちうどんは、材料の種類が少ないので作りやすいと思います。
小さいお子さんの担当は生地を踏み踏み。兄弟がいれば交代で。

手打ちうどん
<栄養量>エネルギー330kcal たんぱく質7.8g脂質1.4g食塩0.9g


<材料:4人分>
中力粉 320g
水   155g
塩   3.6g
上新粉 100g(打ち粉)


<作り方>
1 小麦粉はふるっておく。
2 塩を水に溶かしておく。
3 2に小麦粉を入れ、指先だけで混ぜる。渇いた粉がなくなるようにする。
4 まとまったらお米の袋または二重にしたビニール袋にいれて、一度手を洗う。
5 4を足で3分踏んだら、一度袋を開き、生地をこねる。(3回繰り返す)
6 生地の表面がなめらかになったら、打ち粉をした台の上でめん棒で厚さ3~4ミリにのばしていく。
7 生地の1/3に打ち粉をして、下2/3を折りたたむ。
8 下半分に打ち粉をして上半分を折りたたむ。(屏風状になる)
9 まな板に打ち粉をして、生地をのせる。
10 生地の上に打ち粉をする。
11 包丁で3ミリ程度の細さに切る。切った麺はくっつきやすいので、ほぐしておく。
12 沸騰した湯に麺を入れて茹でる。茹で時間は太さによって変わるので様子を見ながら。(10分~)目安は、麺が浮き上がり、透明感が出るまで茹でる。


*茹で上がったうどんは、つけ汁につけてそのまま食べてもいいのですが、茹でた後、野菜汁にいれたり、肉や野菜といためて焼きうどんにしてもおいしいです。

2~3歳になると動きも活発になります。張り切って踏んでくれれば、おなかがすいて美味しいうどんができて一石二鳥。食べ物に興味を持ってくれるきっかけになるといいですね。もちろんお片付けも手伝ってもらいましょう。


ここで健康課からのお知らせです。
(4月27日現在のお知らせです。状況によっては、中止・変更になることがあります。)

★乳幼児健康相談(のびのび広場) 対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
 時 間:午後1:30~3:30(保健センターのみ午前9:30~11:00)
 貫井南センター6/3、前原暫定集会施設6/19、婦人会館6/12、上水会館6/22、公民館東分館6/17、保健センター6/11・6/25

★毎年6月に小金井歯科医師会主催で保健センターで行っている「歯と口の健康」は、延期になりました。決まりましたらお知らせいたします。

このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP