平成30年7月配信分「食中毒と手洗い」(2~3歳)

いよいよ暑さも厳しくなり、本格的に夏になりました。
体調を崩してはいませんか。

今月は食中毒についてです。
東京都によれば、食中毒は通年毎月発生しています。
乳幼児や高齢者は病原菌に対する抵抗力が弱いため、食中毒になると重症化しやすく注意が必要です。予防がとても大切なので、以下の事に気をつけましょう。

☆食中毒予防3原則☆
1 細菌をつけない
手をきちんとそしてまめに洗いましょう
調理器具の管理をきちんとしましょう。
生の肉や魚を切った後、生野菜に触れたりしないように調理の順番も考えましょう。

2 細菌を増やさない
冷蔵庫に食べ物をつめこみすぎていませんか?
生鮮食品や惣菜は購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう。

3 細菌をやっつける
食品はムラなくしっかりと過熱しましょう。中心温度75℃以上で1分間以上加熱するとほとんどの細菌は死滅します。

夏休みはバーベキューなどの機会もあるかと思いますが、肉や魚の持運びには保冷剤などを使用しましょう。また肉や魚は、家で切って焼くだけの状態でもっていくと手や調理器具を汚すことが少なくてすみます。そして調理の際はよく火を通しましょう。
また肉を焼いたはしと食べるときのはしは別にしてくださいね。
それから最後にもうひとつ。調理も日常の生活も衛生の基本は手洗いから。小さいときからの習慣が大切です。


☆手の洗い方☆
1 流水で汚れを簡単に洗い流し、石けんをつけて十分に泡立てましょう。
2 手のひら、手の甲を順番によくこすりましょう。
3 両手を組むようにして指の間をよく洗いましょう。
4 爪の間や手首も忘れずに。
5 流水で石けんと汚れを十分に洗い流しましょう。
6 清潔なタオルで手を拭いて、手洗い完了!
好きな歌1曲を目安に歌いながら手を洗うと楽しいですね(*^▽^*)。
なお、利き手のほうに汚れが残りやすい傾向がありますので注意してくださいね。
食中毒は家族みんなのちょっとしたこころがけで防ぐことができます。暑い夏を元気に乗り切りましょう!

ここで小学生のご兄弟のいらっしゃる保護者の方に健康課の事業についてのお知らせです。

★親子健康教室
 対象 お父さんと小学生の親子
 とき 平成30年8月4日(土)午前9時30分~午後2時30分
 日頃、忙しくて自分の健康は後回し。でも気になる健康診断の結果。
 インストラクターの指導で楽しい体操と親子で栄養たっぷりお昼ごはんを作って食べて歯みがき指導も。
充実した夏休みの一日を保健センターで過ごしましょう。
 ご予約は小金井市健康課(042-321-1240)へ
なおメールでも受付しております。s050499@koganei-shi.jp
教室名、父と子の名前、生年月日、住所、電話番号をお伝えください。
※先着申し込み順となりますので、すでに定員に達している場合はご容赦ください。


☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP