平成30年12月配信分 「冬至」2~3歳

こんにちは。
クリスマスに大晦日と何かと慌しい12月ですが、旬の食べ物や食に関する行事の多いこの時期は、お子さんにとってもいつも以上にたくさんの食品を見たり、食べたりできる楽しい時期ですね。クリスマスやお正月は、多くの皆さんが経験すると思われますが、
冬至はいかがですか。
冬至は1年でいちばん日照時間が短くなる日。この日を境に昼間が長くなってきます。
今年の冬至は12月22日です。冬至には、かぼちゃを食べたり、ゆず湯にはいったり
する習慣があることをご存知ですか。

今やかぼちゃといえばハロウインのほうが思い浮かべる方も多いでしょう。
かぼちゃの旬は、夏。なのになぜ冬至に食べるのでしょう。

かぼちゃは、夏に収穫したものを冬まで保存することができます。
今ではいろいろな野菜がハウス栽培などで季節に関係なく、冬でも手にいれることができますが、昔は冬に栽培できるものも限られ、保存するにも冷蔵庫もありませんでした。
保管がきき、かつビタミン豊富なかぼちゃをビタミン供給源の少ない寒い冬に食べるという昔の人の知恵は、利にかなっているといえるでしょう。
かぼちゃに含まれるビタミンAは、皮膚や粘膜を維持し、ビタミンCは免疫を高める効果があり、風邪等の予防になるからです。

かぼちゃはそのやさしい甘さから和食の煮物やてんぷら、ほうとうの具などいろいろな料理に使われますが、シチューやコロッケ、サラダなど洋風の料理にもぴったりです。
今ではプリンやケーキなどのスイーツにも多く使われていますね。
また多くの方が離乳食に使われたことでしょう。

次はゆずについてです。
ゆずは、小金井では、庭木として植えているおうちも多いですね。もちろんスーパーや八百屋さんでもこの時期店頭でよく見られます。
ビタミンCの多い果物で香りが良いため、果汁を焼き魚の漬け汁に加えたり、皮を細く切ってお吸い物にいれたりします。
ゆず湯に入ると風邪をひかないといわれています。ゆずのビタミンCなどの成分がお湯にとけて冬に乾燥しやすい皮膚を潤し、ゆずの香りが気分を落ち着かせてくれます。お風呂にいれるときは小さく切って、ネットなどにいれるとお風呂が汚れず、香りを楽しむことができます。

かぼちゃを食べてゆず湯に入ってからだを温め、そのままふとんに入ればゆっくり休めそうですね。お子さんとこんな冬の一日をすごしてみてはいかがでしょうか。

今年も、食育メールをご覧頂きありがとうございました。
寒い日が続きますが、主食と主菜、副菜をバランスよく食べて、免疫力を高めておきましょう。
どうぞよい年をお迎え下さい。
☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
ここで健康課からのお知らせです。
★乳幼児健康相談(のびのび広場) 対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
     公民館東分館は奇数月のみ歯科相談を実施。
 時 間:午後1:30~3:30(保健センターのみ午前9:30~11:00)
 桜町上水会館1/28、前原町丸山台集会所1/22、婦人会館1/11、
 公民館東分館1/16、保健センター1/10・1/24

★けやき保育園地域子育て支援事業「なのはなひろば」
 平成31年1月17日(木) (雨天中止) 対象 1、2歳児と保護者
 晴れの日に屋上庭園で遊ぼう ・ふれあい遊びの紹介 ・保護者交流会
 場所はけやき保育園(小金井市梶野町1-2-3)、時間は午前10時から11時30分までで申し込みは不要です。
 問合せはけやき保育園(0422-60-0770)にお願いします。

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
 健康課のある保健センターは、飲み物の販売機は設置しておりません。こちらへお出かけの際は、必ず飲み物をお持ちになってください。(近くにコンビニエンスストアがあります。)
 このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
 簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
 >>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP