平成30年9月配信分 「野菜を食べよう」ナスレシピ (4~5歳)

少しずつ秋が近づいてきましたね。
お元気でお過ごしでしょうか。

さて、今月のテーマは『野菜を食べよう』です。

9月は食生活改善普及運動実施月間です。
毎日の野菜摂取量は足りていますか?
成人の目標は、1日350g!
1食あたり120g以上の野菜がとれるといいですね。
野菜類はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、皮膚や粘膜を健やかに保ち、便秘を予防し、生活習慣病予防にも効果があります。

子どもの野菜摂取を促すのに大切なことは、毎回野菜料理が食卓に上がり、親が美味しそうに食べる姿を見せることです。
旬の野菜は栄養価も高く、味も美味しいので、是非食事に取り入れたいですね。

今の時期(9月~10月)の旬の野菜は、さつまいも、サトイモ、玉ねぎ、なす、人参、れんこん、きのこ類などです。

今月はこの中でも、ナスを使ったレシピをご紹介します(*^▽^*)。
ナスは、一見栄養価が低そうですが、食物繊維やカリウムが多く、マグネシウムなどのミネラルも含みます。また、抗酸化作用のある色素成分のアントシアニンが、皮の部分に多く含まれています。
また、体を冷やす効果もあり、利尿作用もあるので、残暑の厳しいこの季節にはぴったりですね。

『ナスの青紫蘇炒め』(2人分)
<1人分栄養価>
エネルギー43kcal、蛋白質1.9g、脂質1.6g、炭水化物5.8g、カルシウム21mg、塩分0.6g
<材料>
ナス中2本、青紫蘇4~5枚、ごま油小さじ1、ポン酢大さじ1、かつおぶし適量
<作り方>
1.ナスは半分に切ってから薄切りにする。
2.青紫蘇はせん切りにする。
3.フライパンにゴマ油をしき、ナスを炒める。
4.蓋をして中火にし、全体に火が通ったら、蓋をとって水気をとばす。
5.青紫蘇とポン酢を入れ、ざっと混ぜあわせる。
6.最後にかつおぶしをふりかけて出来上がり。


ここで健康課からのお知らせです。
健康課では乳幼児の事業だけでなく、成人事業(がん検診、健康教室)もおこなっております。検診や事業の種類によって対象年齢等が異なります。
詳しくは、市のHPや市報をご覧ください。
がん検診
>>詳細はこちら
健康教室
>>詳細はこちら

健康課のある保健センターは、飲み物の販売機は設置しておりません。こちらへお出かけの際は、必ず飲み物をお持ちになってください。(近くにコンビニエンスストアがあります。)

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP