平成31年1月配信分 「元気で冬を過ごしましょう」4~5歳

2019年がはじまりました。今年は元号が変わり、来年は、東京でオリンピックという時代の節目となります。
皆様にとっても素晴らしい年でありますように!
今年も食育メールをどうぞよろしくお願いいたします。

5歳児のお子さんはもうすぐ小学校、4歳児のお子さんは保育園や幼稚園でいちばんのお兄さん、お姉さんになりますね。いろいろなことができるようになってきて
保護者の方もたのもしく思われていることでしょう。

毎年のように風邪やインフルエンザが流行しています。
予防接種をしたから安心ではなく、日頃から衛生に気をつけることが大切です。
これはインフルエンザに限ったことではありません。
衛生の基本は手洗いからといわれているくらい手洗いは大切です。
きれいに洗うことやどんな場合に洗うか、理解しているようでそうで、していないときもあるので時々見てあげてください。

手を洗うのは、もちろん目に見えてよごれたときはわかりやすいのですが、
食事の前、トイレの後、外出先から帰ってきたときも大事です。食事のお手伝いのときも忘れずに。手洗いは習慣ですが、まだまだ小さいので忘れそうになったら保護者の方が声をかけてあげてくださいね。

今のような寒い時期は水が冷たく、洗うときもしっかり洗えないことも多いと思います。外遊びで汚れたときには、外では難しいけどおうちではできればお湯を出してあげてください。水が冷たいと手を洗うのがおっくうになりがちだからです。また、汚れが取れやすくなります。
お湯で洗ったあとは、きれいなタオルでよく水分をふきとってくださいね。その後、ハンドクリームなどで保湿してあげるとかさかさにならないですみます。手が荒れると大人と同じように細菌が繁殖しやすくなります。

手がきれいになったら、今度は食事。
ごはんやパンやめんなどの主食は、嫌いなお子さんはほとんどいないのですが、
肉、魚、野菜はどうでしょうか。

主菜であるたんぱく源になる肉、魚、卵、大豆製品などは、からだをつくる栄養素ですが、体力をつけたり、抵抗力を高める働きもしてくれます。

そして副菜となる野菜や、デザートの果物に多いビタミン。
ビタミンAはのどや鼻の粘膜を保護してくれます。
またビタミンCは免疫力を高めます。

主食の炭水化物、主菜のたんぱく質、副菜のビタミン、ミネラルがそろったバランスの良い食事がわたしたちを感染症から守ってくれます。
あとは適度な運動とじゅうぶんな睡眠。

これからどんどん寒くなりそうですが、親子ともども元気に過ごしてくださいね。

ここで健康課からのお知らせです。

★乳幼児健康相談(のびのび広場) 対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
     公民館東分館は奇数月のみ歯科相談を実施。
 時 間:午後1:30~3:30
     (保健センターのみ午前9:30~11:00)
 貫井南分館2/6、前原暫定集会施設2/22、婦人会館2/4、
 公民館東分館2/20、保健センター2/14・2/28

 健康課のある保健センターは、飲み物の販売機は設置しておりません。こちらへお出かけの際は、必ず飲み物をお持ちになってください。(近くにコンビニエンスストアがあります。)
 このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
 簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
 >>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP