令和2年8月配信分「夏休みのお昼ご飯に挑戦!」(4~5歳)

暑い日が続いていますね。お元気でお過ごしでしょうか。
暑くて外に出るのもどうかと思う日は、たまには、お子さんにもお昼ご飯のお手伝いをしてもらいましょう。

今回は、以前に行ったこどもクッキングの献立を紹介します。
「鮭ときゅうりの簡単押しずし」の作り方を紹介いたします。

<栄養価>
エネルギー397kcal 蛋白質17.7g 脂質5.5g 炭水化物65.2g
カルシウム43mg 塩分1.1g

<材料・2人分>
・ご飯          150g(1合分)
・昆布            1g
・鮭            80g(一切れ)
・きゅうり         40g
・白ごま           1g
(合わせ酢)
・酢            20g(小さじ4)
・砂糖           10g(小さじ3強)
・塩           1.4g(小さじ1/3)
(いり卵)
・植物油           1g
・卵            40g
(トッピング)
・ミニトマト         5g
・スライスチーズ       2g
・かまぼこ          7g
・黒ゴマ           適量
・きぬさや          5g
<作り方>
1 炊飯器でお米を洗い、分量通りの水を入れ、昆布を入れて炊く。
2 鮭は焼いて、皮と骨を取り、手で身をほぐしておく。
3 合わせ酢を作り、スライスにしたきゅうりを漬けておく。
4 きぬさやはすじを取りゆでて、細切りにしておく。
5 ミニトマトは洗ってへたを取り、2つに切っておく。
6 かまぼこは7~8mmの厚さに切り、うさぎの形を作る。目は黒ゴマをつける。
7 卵は割って、ときほぐし、フライパンに油をしき、いり卵を作る。
8 炊き立てのご飯に2の鮭をよく混ぜる。
9 3のきゅうりを軽く絞って水気を切る。
10 容器にラップを敷き、いり卵、鮭ご飯、きゅうり、再び鮭ご飯の順に、軽く押しながら敷き詰めていく。
11 10のラップを引き上げながらひっくり返し、お皿に盛り付ける。
12 11の上に、ミニトマト、型抜きしたチーズ、かまぼこ、きぬさやを飾り付けて出来上がり。
お手伝いはできることだけでいいと思います。トッピングは、年齢が小さくてもできるので兄弟でやらせてあげるのも楽しいですね。
上手にできなくても必ずほめてあげてくださいね。きっと、また手伝ってくれると思います。

ここで健康課やその他の事業についてのお知らせです。
★乳幼児健康相談(のびのび広場)(要予約)対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
 時 間:午後1:30~3:30(保健センターのみ午前9:30~11:00)
 貫井南分館9/2、婦人会館9/11、丸山台集会所9/29、公民館東分館9/16、保健センター9/10、9/24

★栄養個別相談 保健センター 9/18(金)午後1:30~3:30(要予約)

このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
健康課では、健康や事業に関するツイッターを始めました。母子事業について新規や変更のお知らせも掲載する場合がありますのでよろしくお願いします。
>>詳細はこちら

簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP