令和元年11月配信分「お手伝い」 4歳~5歳

こんにちは。寒くなってきましたね。
暖かい食べ物の恋しい季節ですね。

お子さんは、ごはんのとき、お手伝いをしてくれますか。
場合によっては、保護者の方からみれば自分でやってしまったほうが早いこともありますが、やりたいといったときには、危ないことでなければ進んでやってもらいましょう。

まずは準備の前の手洗いから。
幼稚園や保育園でも手を洗っていると思いますが、ときどききちんと洗えているか、みてあげてください。手のひらはみんな洗いますが、指の間や手の甲はどうでしょうか。
きちんと洗えることは、風邪などの予防にもつながります。小さいころからの習慣は大事ですね。

食卓を拭いてもらいましょう。
保護者の方が拭いているところを見ていたりするので案外上手にできそうですね。

食器並べもいいですね。
向かって左にお茶碗、右に汁物の椀などいつも手伝うことで覚えていきます。
覚えておけば、小学校に行ったとき、給食当番でそれが生きると思います。

冷蔵庫に入っている食品などを出すときには、食品の名前を言いながら行うと知らなかったものや似たようなものの区別がついてくるようになります。

野菜はきゃべつや白菜など汁にいれたり、炒めたりするものはちぎってもらったらどうでしょうか。洗ってざるにあげておいて、ボールを用意してちぎったものをいれてもらいましょう。
ちぎる、丸める、塗るなどは、小さくてもわりとできるものです。

味見のお手伝いもしてもらいましょう。
苦手なものもたべられるようになるかもしれませんね。

盛りつけも1個ずつとか、わかりやすいものはできそうですね。
家族全員の分ではなく、自分の分だけでもじゅうぶんです。

食べ終わったら食器を下げるのも手伝ってもらいましょう。
食事は食べるだけではなくて、準備から片づけまでということを少しでも理解してもらいましょう。

いろいろ書いてみましたが、全部しなくても1つか2つ習慣になると保護者の方も少し楽になるかもしれなせん。

最後にひとつだけ。
食べることはお手伝いや栄養やいろいろなことが関係していますが、一番は楽しく食べること。
忙しい毎日ですが、家族そろって食べる時間を大切にしてくださいね。


・健康課からのお知らせ
健康課のある保健センターは、飲み物の販売機は設置しておりません。こちらへお出かけの際は、必ず飲み物をお持ちになってください。(近くにコンビニエンスストアがあります。)


このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP