令和2年6月配信分 「カルシウムをとりましょう。」(4~5歳)

いよいよ梅雨入りですね。いかがお過ごしでしょうか。
6月4日はむし歯予防デー。いつもの年なら「小金井市民の歯と口の健康」の行事がありますが、今年度はコロナのために延期となりました。

良い歯をつくるためには、日頃の歯磨きも大切ですが、栄養も大事です。
骨や歯はカルシウムでできています。
カルシウムの多い食品といえば、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、大豆製品(豆腐、厚揚げ、がんも、納豆など)、小魚等(ちりめんじゃこ、ししゃも等)、野菜類(緑色の濃い小松菜、青梗菜など)、種実類(ごま、ピーナッツ等)ですが、毎日食べられていますか。特に乳製品のカルシウムは吸収率も良いので牛乳を毎日コップ一杯は飲んでほしいと思います。

またカルシウムの吸収を助けるビタミンDも忘れないでください。
ビタミンDを含む代表的な食べものは、干しいたけですね。他には同じきのこ類のしめじやきくらげ、魚のさけやさばなども多く含んでいます。
ビタミンDは食べ物だけでなく、日光を浴びることで体内で作ることもできます。
バランスの良い食事と屋外で遊ぶことでじょうぶな歯や骨を作ることができます。

今日はカルシウムの多い牛乳を使った簡単なデザートを紹介します。
「牛乳のブラマンジェ」
(1人分の栄養(フルーツ等は含まない):熱量67kcal たんぱく質2.6g 脂質3.0g カルシウム88mg)

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP