平成30年10月配信分 『もうすぐ1年生 学校給食って?』4歳~5歳 

朝、晩がずいぶん涼しくなりましたが、体調など崩してないですか。
風邪などひかないように、しっかり緑黄色野菜やきのこ類を食べて、免疫力を高めておきましょう。

5歳児のお子さんの就学前の健診が今月から来月にかけて実施されますね。こちらは3歳児健診までと異なり、健康課ではなく、教育委員会学務課が担当課になります。小さかったお子さんが小学校に入学するとなると感慨もひとしおでしょう。

さて今までお昼ごはんは、保育園は給食、幼稚園は給食やお弁当だったと思います。
小金井の市立小中学校はすべて各学校に調理室があり、そこで作られた給食をお昼に食べることになります。小学校1年生は、4月の20日前後が給食開始となります。
給食は、準備と片付けは自分たちで行います。
準備から片付けまでの時間は約40分ほどです。そのうち食べる時間はおよそ20分くらいです。

給食当番は、手を洗い、身支度をして配膳室にクラスの配膳車をとりに行きます。
教室で配膳車からおかず等の入ったバットや食缶をおろして並べます。
そして盛り付けも自分たちで行います。当番ではない子は、手を洗ってからお盆を持って並び、食器に盛り付けてもらったら席まで自分で運びます。食器はほとんどの学校が陶器なので重みもあります。
食べ終わると自分の食器は自分で片付け、それを給食当番が配膳車に乗せて、配膳室にもっていきます。

現在小金井の学校給食は、主食が米飯のときが週3~4回あります。献立の組み合わせにもよりますが、食具もおはしのことが多いようです。
使われている食品の種類は、ほぼご家庭と変わりません。地元の野菜も多く使用されます。主菜は、肉だけでなく、魚も多く使用されます。アレルギー対応については、1~2月に各校の入学説明会の中であると思われますが、心配な場合は、進学予定先の学校に直接問い合わせしたほうが良いと思われます。

★ 食事に関して小学校入学までに慣れた方がよいこと
1. きちんと手を洗えること。
2. 着替えが円滑にできるように。(給食当番は着衣の上に白衣を着て準備をして終わったら白衣を脱いでたたんで袋にしまいます。)
3. ごはんの盛り付けができること。(おしゃもじでごはんを盛るのは案外難しい)
4. お盆にものを乗せて運べること。(汁の入ったおわんが運べるかな。)
5. 食器の並べ方がわかること。(例:向かって左がごはん)
6. おはしで食べられること。
7. 好き嫌いがないこと。(特に野菜をたべられようになってほしいです。また魚は種類によっては骨があります。)
8. 三角食べができること。(おかずから食べると白いごはんが残りがち)
9. 決められた時間内に食べ終わること。

子どもたちは、日頃から食卓を拭くなどのちょっとしたお手伝いなどがご家族の一言でできるようになります。今から入学まで半年あるので少しずつできるようになれば給食にもすぐ順応できると思います。○○ができないと困るよと否定的にいうとプレッシャーになってしますのでお手伝いが上手にできたり、嫌いなものが食べられるようになったときには、たくさんほめてあげてくださいね。

ここで健康課からのお知らせです。
健康課では乳幼児の事業だけでなく、成人事業(がん検診、健康教室)もおこなっております。検診や事業の種類によって対象年齢等が異なります。
詳しくは、市のHPや市報をご覧ください。
がん検診
>>詳細はこちら

健康課のある保健センターは、飲み物の販売機は設置しておりません。こちらへお出かけの際は、必ず飲み物をお持ちになってください。(近くにコンビニエンスストアがあります。)

☆。.・☆。.・☆。.・☆。☆。.・☆。.・☆。.・☆。
このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP