令和元年8月配信分「夏休みのお昼ご飯に挑戦!」(4~5歳)

暑い日が続いていますね。お元気でおすごしでしょうか。
お休みの日には、保護者の方もお昼ご飯づくりで大変ですが、たまには、お子さんといっしょに昼ごはんをつくってみませんか。
お子さんのお手伝いというと散らかってしまうとか、自分で作ったほうが早いとか大人は、思いがち。でもお子さんが自分でつくると嫌いな野菜も食べてしまうなどいいこともたくさんあります。
また家族で食べることで美味しさも違うと思います。

今回は、7月23日に行ったこどもクッキングの献立を紹介します。
「ドライカレーのおにぎらず・夏野菜のスープ・メロン」でした。
そのうちのひとつ、おにぎらずの作り方を紹介いたします。

<栄養価>
エネルギー375kcal蛋白質15.2g脂質7.6g炭水化物60.3g
カルシウム139mg 塩分0.7g

<材料・4人分>
・ご飯        1人150g
・ツナ缶(水煮)     140g
・玉ねぎ          60g
・人参           20g
・エリンギ         20g
・しょうが          少々
・植物油           8g
・こしょう          少々
・カレー粉          2g(小さじ1)
・ケチャップ         5g(小さじ1)
・レタス          80g
・スライスチーズ     1人1枚
・焼きのり          4枚
<作り方>
1 玉ねぎ、人参、エリンギはみじん切りにしておく。
2 フライパンに植物油をしき、しょうが、玉ねぎ、人参、エリンギを中火で炒め、
さらにツナ缶を汁ごと加え、炒める。
3 2のフライパンに、カレー粉、ケチャップ、こしょうを加えてさらに炒め合わせ、ドライカレーを作る。
4 焼き海苔を1枚お皿にしき、ご飯→レタス→ドライカレー→スライスチーズ→ドライカレー→ご飯を のせて、海苔で包み、食べやすく半分に切る。
*のりは正面に角がくるようにおきます。(◆)
材料をのせたら4つの角をたたみます。これを裏返しにして半分に切ります。
*お子さんには、洗ったレタスを大きめにちぎってもらいます。
 また包丁が使えればエリンギを切ってもらいます。
 のりに材料を置いて包むのは、お子さんですが、ごはんとドライカレーはあらかじめ
使用する量を取り分けておくことをお勧めします。
 半分に切るのは、切りづらいので保護者の方が切ってあげてください。

おにぎらずは、切り口の見た目がきれいで食欲をそそります。材料や味付けをかえることでいろいろ楽しめます。ぜひ挑戦してくださいね。

こどもクッキングで、他にこどもたちがした作業は、スープのきゃべつをちぎったり、生のとうもろこしの実をそぎ切りにしたものを手でほぐしてもらいました。また一口大のメロンをお皿に盛り付けてもらいました。

食べること、食事を作ること、片付けをすることなど少しずつでも子どもたちは覚えてくれます。上手にできなくても必ずほめてあげてくださいね。

ここで健康課やその他の事業についてのお知らせです。
★乳幼児健康相談(のびのび広場) 対象:乳幼児・妊産婦
 内 容:身体測定・育児保健相談・栄養相談・母乳相談
 時 間:午後1:30~3:30(保健センターのみ午前9:30~11:00)
 貫井南分館9/4、婦人会館9/13、桜町上水会館9/30、公民館東分館9/18、
保健センター9/12
★栄養個別相談 保健センター 9/20(金)午後1:30~3:30(要予約)

このメールについてのお問い合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。
>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP