令和元年12月配信分「かんたんタンドリーチキン」 4歳~5歳

こんにちは。さむくなりましたね。今年は、秋にはすでにインフルエンザが流行して気の抜けない毎日だったと思います。あと2週間あまりでお正月。元気で新しい年を迎えたいですね。
そのためには手洗いの励行とごはんを3食きちんと食べてかぜに負けないからだをつくりましょう。

今月はクリスマスにおいしい鶏むね肉の料理の紹介です。
11月の栄養講習会で行ったものです。お子さんの肉の量は大人の約半分で大丈夫です。

かんたんタンドリーチキン (2人分)
エネルギー 118kcal 蛋白質 16.5g 脂質 3.3g カルシウム 28mg 塩分 0.5g
<材料・下準備>
・鶏むね肉(皮なし)    140g(70g×2切)
・塩            少々
・こしょう         少々
・にんにく         少々 (小さめ1かけをすりおろすかチューブ)
・カレー粉         小さじ1/3
・ケチャップ        小さじ1 (つけあわせ)
・ウスターソース      小さじ1/4  ・サニーレタス    2~3枚
・ヨーグルト(無糖)    大さじ1/2  ・トマト       4切れ
・油            小さじ1
<作り方>
1 鶏むね肉は開いて厚みをそろえて、1cm厚さ位のそぎ切り。
  ビニール袋に塩からヨーグルトまでの調味料等をいれてさらに肉をいれて
  もみ込み、冷蔵庫に1時間くらいおく。
2 サニーレタス、トマトは洗っておき、食べやすい大きさにしておく。
3 フライパンに油を熱し、1の肉を入れて焼く。
  焼き色がついたら裏返し、中まで火を通す。
4 器に肉と2を盛る

かぼちゃのスープ(2人分)
エネルギー  156kcal  蛋白質  3.9g 脂質 8.1g カルシウム  87mg 塩分  1.0g
<材料>
 ・かぼちゃ   100g  ・ベーコン   10g
 ・玉ねぎ    100g  ・バター    小さじ1
 ・水      100cc  ・牛乳     100cc
 ・塩      小さじ1/4  ・こしょう   少々
 ・生クリーム  小さじ2(なくても良い)
<作り方>
1 かぼちゃは種を取って角切り、玉ねぎは繊維に垂直にスライスする。
2 ベーコンとバターと玉ねぎをよく炒める。
3 水とかぼちゃをいれて、沸騰したらアクをとり、かぼちゃがやわらかくなるまで煮る。
4 かぼちゃがやわらかくなったらおたまなどでつぶし、牛乳を加えて煮る。
  塩、こしょうで味をととのえ、最後に生クリームをいれる。

クリスマスだったらお肉はちょっと大きめにして調味料につけ、一晩冷蔵庫に置いておくといいです。
すぐ食べない分は調味料につけてから冷凍すると使うときは味がついているので便利です。ただし1週間くらいで使うようにしてくださいね。このくらいのカレー粉の量ならお子さんも大丈夫だと思います。
スープはコンソメなどは使わず、ベーコンのかおりとかぼちゃの甘味を活かしています。冬至には、かぼちゃを食べる習慣があるのでそのときでもいいですね。(かぼちゃの旬は、夏ですが、冬まで保管がきく野菜であり、かつビタミン豊富なかぼちゃをビタミン供給源の少ない寒い冬に食べるという昔の人の知恵は、利にかなっているといえるでしょう。)ぜひおためしください。

このメールについてのお問合わせは小金井市健康課(042-321-1240)へ。
簡単レシピや小金井市の食に関する情報は、小金井市食育ホームページをご覧ください。>>詳細はこちら

戻る
メニュー
HOME 予定 HELP